アイススケートの情報

アイススケートの代名詞となっているのが「ジャンプ」です

アイススケートといえばスピードとフィギュア、あとはホッケーが有名ですね。この中で、スピードは速度を競いますし、ホッケーは氷の上で球技を行います。そして、ジャンプやスピンのような技、そして華麗な演技を行って勝負をつけるアイススケートが、「フィギュア」です。

 

最近は、アイススケートをやりたいと思う小さな女の子や、わが子にアイススケートをやらせたいと希望する若い親御さんが増えたと思います。実は私も、母が伊藤みどり選手のジャンプに憧れたためにスケート教室に連れて行かれました。アイススケートというと今では氷の上で次々とジャンプを決める選手たちをイメージする方も多いでしょうね。

 

そのジャンプ、実は同じように見えて細かな種類があります。「アクセル」「ルッツ」「フリップ」「ループ」「サルコウ」「トウループ」と6種類ありますし、さらに回転数によって「シングル(1回転)」「ダブル(2回転)」「トリプル(3回転)」「クワドルプル(4回転)」という違いがあります。よく「トリプルアクセル」という技をマスコミが取り上げていますが、これは女子選手ではめったに跳べない大技です。

 

しかしその難しい技を、日本の女子選手たちは何人も跳んでいます。伊藤みどり選手・中野友加里選手・浅田真央選手の3名は、国際スケート連盟に「トリプルアクセルを成功させた」と認定されたことがあります(ちなみに私は、「ダブルアクセル」もなかなかうまく跳べませんでした!)。ひとつに国から、何人もトリプルアクセルを跳ぶ選手が出てくることは、ちょっと考えられないことで、日本のスケート界のすごさ、特にジャンプに対しての進みぶりがうかがえますね。

きれいになりたかったら表面上だけではなくて、体の中からやっていかなくてはならないでしょう。人気になっているものは、飲んできれいになれる効果を高められるお茶です。簡単に美容効果を高められますから、すでに美に関心が高い方は飲み始めています。

 

美容のお茶はおいしくない、まずい、苦い、くさい、飲みにくい、渋い‥といった意見を聞きます。体にはいい物とは聞いたことがあっても、飲まない方が目立つのです。飲みやすくて、しかも体にも効果が高いお茶がないかと気になる方が選んでいるのは贈り物としても喜ばれる株式会社リソウのデトックスティーです。

 

株式会社リソウのデトックスティーの大きな特徴は、苦くなく飲みやすいという味のことです。普通の紅茶やハーブ―ティーの感覚で飲めますから、食事の時もおやつの時にもいつでも飲むことができます。

 

リソウのデトックスティーには、天然ゲルマニウム、キャンドルブッシュ、マリンコラーゲン、夕顔果実、ローズヒップ、難消化性デキストリン、ルイボスの7種類の天然成分が入っています。どの成分も美容効果が高いから注目を集めている成分ばかりです。

 

それに加えて、47種類ものハーブが配合されています。ハーブは健康効果や美容効果やダイエット効果やアンチエイジング効果を高めるために必要な成分として欠かせません。リソウのデトックスティーはおいしい味のことに注目が集まるのですが、配合されている美容の成分を見ても優れているのです。

 

女性はどんなに体にいい物でも、飲むのに時間がかかったり手間がかかるものはいやだと思うのではないでしょうか?リソウのデトックスティーは普通の紅茶と同じように、ティーパックになっています。

 

飲むのに煮出す必要もないので、あなたがどこにいてもデトックスティーを飲めるのです。自宅にいなくても会社にいても旅先にいても、好きな時にお湯さえあったら飲めます。忙しい方も時間がない方も面倒なことが嫌いな方にも、安心して飲んでいただけるのです。

 

リソウのデトックスティーがどんなものなのか気になってきませんか?送料無料で、初回のみ100円でお試しすることができます。まずは注文してみて、自分の舌でその味を確かめてみましょう。おいしい上に体にも効果が高いリソウのデトックスティーを気に入るはずです。

 

市場には100種類以上の美容効果があるお茶が販売されていますが、味も成分も吟味されたデトックスティーは多くはありません。体の中からきれいになるためには、こだわったデトックスティーを飲みたいですね。

大阪での開業から、都市部での快適なアーバンライフを目指して全国展開を図っているプレサンスコーポレーション。今や全国6か所(2013年6月現在)に支店を持ち、さらなる発展を見据えて邁進中の企業です。

 

もちろん企業の力で拠点を広げて来たわけですが、さらに発展させるためには各都市での顧客の確保は必須です。そのために、プレサンスコーポレーションはメディア広告も手広く制作しています。

 

例えば、2012〜2013年ごろにかけて、非常に印象的なCMを制作し、それを見た人にCMのインパクトと会社の名前を即座にインプットさせるインパクトを残しました。海辺でヤドカリがハワイアンに乗せて踊るCMに見覚えはありませんか?かわいい動きをするヤドカリと、耳に残る曲がコラボして頭の中に何回も回ってしまう不思議なCMとして確実に私たちの記憶に残りました。

 

これは、自分の住み家である貝をコンスタントに取り替えてお引っ越しする生物として認識されているヤドカリと、住み家を探すユーザーとを重ね合わせたうまいCMです。

 

このCMをご覧になったことのある方は、「ああ〜いいやあ〜」というフレーズを聞けば、すぐにピンと来るのではないでしょうか。そして、かわいくユニゾンで踊るヤドカリは各々に快適な住まい=貝を背負って幸せに暮らしている様子が連想されて、何ともほっこりさせられます。

 

このほっこり感が、プレサンスコーポレーションのイメージそのものに繋がるようになっているのです。この会社なら、快適で住みやすい住まいを提供してくれて、あのヤドカリのように幸せに暮らせるのではと思わせる素敵なCMです。

アイススケートのチケットは、ある時期から急に入手することが難しくなりました。アイススケートのイベントや大会の人気が急上昇したこともあって、チケットの争奪戦が激しくなったためです。私は小学校3年生くらいのときに初めて大きな大会に、連れて行ってもらったことがありますが、そのときはあまりチケットをとることはたいへんではなかったそうです。

 

しかしそれから数年で、荒川静香選手や安藤美姫選手、そして浅田真央選手等が登場して、派手に活躍するようになったので、急にアイススケートのチケットは人気の商品になりました。それまでは、世界選手権クラスの大会でも、ローカルのTV局等が取り扱いをしていることもあったのですが。

 

しかし、「ぴあ」や「eプラス」、あるいは「CNプレイガイド」や「ローソンチケット」といった、大手の会社のすべてに申し込んだとしても、予約に失敗する人が続出するという時代に入りました。私は毎回、戦略を立てながらほしい大会の席をとるようにがんばっています。

 

一時期は、「アイスクリスタル」という日本スケート連盟とも深いかかわりのあるファンのための親睦団体の会員になっていると、比較的席を取りやすかった時期もありましたが、最近は以前ほど効果的だとは限りません。ひとりで人気のあるイベント、大会の席を取ろうとすることはかなり難しいため、友達と力を合わせて、情報を収集しながら確保する方法を決めていくことが、いちばん大事なことでしょう。

アイススケートには、現在大きな種目が4つあります。大きく分けると「シングル」と「カップル競技」に分けられるでしょう。シングルは(私も受験を意識する年頃までやっていましたが)男子と女子があります。残りのふたつは男女が協力してやる種目ですが、ペアとアイスダンスに分けられます。ペアとアイスダンスは、よく混同されてしまいますが、まったく似ていません。

 

ペアは、ジャンプやスパイラルといったシングルと共通する技がいろいろとありますが、ダンスの場合まずジャンプがありません(入れてもいいのですが、かなり制限されていますからやる人は実際にはいません)。何をやるのかというと、男女が氷の上で手を組んでアイススケートをしながら、ボールルームダンスを再現するのです。私は1回だけ練習にチャレンジしたことがあります。

 

この種目はイギリスで発達した種目で、世界選手権で行われるようになったのは第二次世界大戦後でした。その後1970年代にオリンピックの正式種目に選ばれています。イギリスの選手たちが世界のアイスダンス界をリードしていた時期もありましたが、オリンピック種目になる頃には旧ソ連の選手たちが世界のトップを独占するようになっていました。

 

今でもロシアの選手たちは世界のトップでよく活動しています。アイスダンスは、私がこの種目をよく見るようになった10年くらい前からルールが大きく変更されて、今ではリフトが以前よりもずっとアクロバティックになっています。また、スピンやシンクロナイズドトゥイズルといった昔はあまり行われなかった要素も頻繁に行われるようになりました。

アイススケートでは、男女が力を合わせてひとつの演技を形成する種目があります。特にシングルと近い要素を持っているのが、「ペア」です。ペアは、日本のアイススケートの歴史をさかのぼると多少選手が見つかるのですが、私は物心ついてから、国内でペアの選手が練習している様子を見かけたことがまったくありません。実際に、全日本選手権でも、ペア種目が行われないことがよくありました。

 

これは国内に、やる選手がいないからですが、少し前に久しぶりに日本代表チームが結成されました。それが、高橋成美&マーヴィン・トラン組でした。トラン選手はカナダ国籍のため、日本国籍が必要となるオリンピックには出られないことになっていましたが、この組は世界選手権で日本初のペアのメダルを獲得しています。

 

これは素晴らしい快挙で、このときの録画は大切に保存しています。その後この組は方向性の違い等を理由に解散して、別々に相手を見つけてすでに練習をはじめています。この種目では、リフト(男性が女性を高く持ち上げる技術)やスロウジャンプ(男性が女性を放り投げるジャンプ)のようなアクロバティックな技が多く、体格に恵まれていない日本男性にはむいていないと考えられてきました。

 

ペアはアイススケート場をたっぷりと雄大に使って練習する必要もあって、練習環境が現在の日本社会では整っていないこともよく指摘されてきました。しかし今では、高橋選手と、新しいパートナーの木原龍一選手が、スケート連盟のバックアップの下で、世界を目指して前進しています。

アイススケートでは日本も含めて、どこでもシングルが種目の中心となっています。シングルには男子と女子の2種目がありますが、アマチュアのルールを確認すると、男子シングルと女子シングルはわりと共通している部分が多いですね。

 

現在のアイススケートのシングル種目は、男子も女子も、「ショートプログラム」と「フリースケーティング(またはロングプログラムという名前もあります)」のふたつの演技をすることが求められています。私が生まれる前は、ショートプログラムは「テクニカルプログラム」あるいは「オリジナルプログラム」という名前の時期もあったそうですが。

 

ショートプログラムもフリースケーティングも、音楽を自由に選んで、好きな振付で演技して構いませんが、技の内容には指定があります。たとえば、ショートプログラムではジャンプとスピンは3度入れることになっています。それ男子も女子も共通しています(ジャンプの種類やスピンの種類には男女間で違いがあるのですが……たとえば女子のショートプログラムではレイバックスピンが必須ですが、男子はそうではありません)。

 

私は大会に出ると、このショートプログラムでミスして出遅れることが多かったです。フリースケーティングはショートプログラムのあとの日に行われますが、こちらでもジャンプの数(男子は8度、女子は7度)、やスピンの数(男子も女子も3度)に制限がかけられています。私はフリーのほうがいい演技ができることが多かったタイプです。

私の母は、子供の頃アイススケートを習える環境が近くになくて、悔しい思いをしていたそうです。その頃はアイススケートというと、女子はフィギュア、男子はスピードがホッケーというイメージもあったということですが、今では国内の男子選手もフィギュアのほうでだいぶ目立つ活躍を見せていますね。日本の男子選手は昔、ある意味で女子よりもさらに厳しい状況にあって、20世紀の間にオリンピックのメダルを獲得した人は、まったくいません。

 

世界選手権でも、佐野稔選手がメダルを1度獲得したことがあるだけです(佐藤信夫選手や五十嵐文男選手が4位になったことはありましたが)21世紀に入るとやっとその状況もよくなって、私の尊敬する本田武史選手が2002年に四半世紀ぶりに世界選手権のメダルをもたらしました。

 

21世紀に入ってから、日本男子の世界選手権のメダリストは、本田武史選手・高橋大輔選手・小塚崇彦選手・羽生結弦選手の4名がいます。そしてオリンピックでは2010年のバンクーバー大会でとうとう高橋大輔選手が初のメダルを獲得しています。母にいわせれば、20世紀と21世紀とで男子は信じられないほど変わっているということです。

 

20世紀まで、日本の男子選手は個性や表現力が弱いという先入観を持たれることが多かったのですが、この10年くらいのトップの選手はほとんどがしっかりした個性や表現力を確立しているという話です。確かに世界のトップで活躍する選手たちは、表現の面で高い評価をよく受けています。